●GERARDO FRISINA / Movement / SCHEMA / ITA/ CD / 2,300円+税



4 年振りの新作スタジオ・アルバムが遂に登場!!! 今回も、フロアを踊らせるキラー・チューン満載!!!!
ジェラルド・フリジーナ。二コラ・コンテと並び、イタリアSCHEMAを代表する看板アーティストとして、これまでに、4 枚のオリジナル・アルバムとリミックス・アルバム1 枚をリリース。プロデューサー、DJ、リミックスワークまで、他方面に渡って活躍。SCHEMA の姉妹レーベル、REAWARD におけるジャズ名盤リイシュー・プロジェクトの監修も有名。
クラブ・ミュージックとジャズ、ラテン・リズムをクロスオーバーさせる、そのサウンドは各方面から高い評価を得ている。ダンスフロアへの愛を捧げた、『Latin Kick』 SCCD395(2005)、ジャズとアフロ・キューバン・リズムが、絶妙に、しなやかに、交錯した、大人のジャズ・ダンス・アルバムの完成形を提示した、前作 『JOIN THE DANCE』 SCCD452(2010)から4 年、正に待望の新作が完成!!! 『MOVEMENT』 と題された本作。良きライバルである、ニコラ・コンテとはまた違った個性の持ち主で、求道者を想わせる、奥深いジェラルド・フリジ―ナならではの、より深みを増した、ジャズ・ダンス・チューンをとことんまで追求している。これまでのジャズ・ダンス~アフロ・キューバンからさらに、アフロ・ファンク的なサウンドまで。まるで、フェラ・クティ~マヌ・ディバンゴが現代に甦ったかのような、グルーヴが永遠に続いていく、恐ろしいまでの、フロア仕様になっているアルバム。ヴォーカル・ナンバーはM07のスキャット・パートのみ。全曲、キラー・チューン、おいしいブレイクいっぱい詰まってますぞ!!!(新譜案内より)

■Giovanni Guerretti : piano and piano fender
Pasquale Bardaro : vibraphone
Hendrickson “Pucci” Mena : trumpet
Alfonso Deidda : sax baritone and flute
Germano Zenga : tenor saxophone
Enzo Frassi : acoustic and electric bass
Hernesto Lopez : drums and percussion
Francesca Sortino : vocal on “Shout It Out”

■Produced, directed and arranged by Gerardo Frisina
All tracks written by Gerardo Frisina
except Eastern Vibrations by C. Davis
Recorded and mixed at Blue Spirit Recording Studio
Milan in September October 2013

1. Arrival 
2. I Need Rhythm 
3. Movement 
4. The Talisman 
5. Selvatico 
6. The Sound Image 
7. Eastern Vibrations/Shout it Out 
8. Reporter 
9. Communications 
10. Moving Shadows 
11. Mystic Latin 
12. What's Jazz? 
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。