●JOHN COLTRANE / LIVE AT BIRDLAND AND THE HALF NOTE / サウンドヒルズ / JPN/ SHM-CD / 2,800円+税


 

ジョン・コルトレーン、マッコイ・タイナー、ジミー・ギャリソン、エルヴィン・ジョーンズ。ジャズ史上に光り輝く黄金カルテットが、ニューヨークのジャズ・クラブで残したライヴ・レコーディングを装いも新たにCD化された。「アイ・ウォント・トゥ・トーク・アバウト・ユー」と「ワン・アップ・アンド・ワン・ダウン」は1963年2月23日、ブロードウェイ52丁目「バードランド」における収録。同クラブはコルトレーンが最も多く出演した場所のひとつで(意外にも、「ヴィレッジ・ヴァンガード」には数えるほどしか登場していない)、59年頃にはジャム・セッションのホストを務めていたこともある。62年夏ごろから翌年春にかけて、コルトレーンはマウスピースの不調に悩み、あまりハードな演奏ができなかったと伝えられる。58年のアルバム『ソウルトレーン』では澄んだ高音でメロディを演奏していたが、ここでは低音域を多用したアプローチで迫る。いわゆるオクターヴ・キーを使わないほうがリード・ミスの減少につながるからだろう。だがこれが、僕のようなひねくれ者のファンには面白い。トーンの裏返りに「コルトレーンも人間だったんだ」と安心し、楽器のコンディションが万全ではなくてもこれほどまでに充実した演奏を届けることのできる彼に筋金入りのプロ根性を感じるのだ。巻末の「ソング・オブ・プレイズ」は65年5月7日、ハドソン・ストリートにあった「ハーフ・ノート」での吹き込み。スタジオ録音によるテイクは『ジョン・コルトレーン・カルテット・プレイズ』のラストに収められているが、当ライヴ・ヴァージョンではその2倍以上の時間をかけて、さらに激しく燃え上がっている。解説:原田和典

■John Coltrane(ss,ts)
McCoy Tyner(p)
Jimmy Garison(b)
Elvin Jones(ds)

Recorded at Birdland Club, NYC, February 23, 1963.(Track1-2) 
Recorded at Birdland Club, NYC, June 2, 1962.(Track3-4) 
Recorded at Half Note Club, NYC, May 7, 1965.(Track 5)

1. I Want To Talk About You
2. One Up And One Down
3. My Favorite Things
4. Body And Soul
5. Song Of Praise

●RAY BRYANT / RAY BRYANT PLAYS / サウンドヒルズ / JPN/ SHM-CD / 2,800円+税



抜群のセンスを持つピアニストが絶頂期に残した、極めつけのモダン・ジャズ・ソングブック。それが本作『レイ・ブライアント・プレイズ』である。「ミスティ」、「ブルー・モンク」、「バグス・グルーヴ」、「テイク・ジ・Aトレイン」、「ウィスパー・ノット」、「ウォーキン」・・・世界中のジャズ・ファンにリクエストを募ったのではないかと思えるほど、人気レパートリーが揃っているではないか。それを名手レイ・ブライアントが小粋に弾きこなすのだから、これはもう、愛されて当然。サポートは、実兄のベース奏者トミー・ブライアントと、ユセフ・ラティーフやテディ・ウィルソンとの共演でも知られるドラマーのオリヴァー・ジャクソンが担当。今回のリリースにはさらに、60年上旬、“The Most Exciting Piano Instrumental of the New Year”というキャッチ・フレーズと共に発売されたシングル盤「リトル・スージー パート2」および「同 パート4」が追加されている。解説:原田和典

■■Ray Bryant(p)
Tommy Bryant(b)
Oliver Jackson(ds)

Recorded in NYC, October 29, 1959 & November 5 & 6. Originally issued on Signature SM-6008.

1. Delauney's Dilemma
2. Blue Monk
3. Misty
4. Sneaking Around
5. Now's The Time
6. Wheatleigh Hall
7. Doodlin'
8. A Hundred Dreams From Now
9. Bag's Groove
10. Walkin'
11. Take The "A" Train
12. Whisper Not
13. Little Susie Part 2
14. Little Susie Part 4

●JO JONES / JO JONES SEXTET / サウンドヒルズ / JPN/ SHM-CD / 2,800円+税



しなやかなシンバル・レガート、歯切れ良いスティックさばき、踊るようなブラッシュ・ワーク、自由奔放なハイハット。スウィングの化身というべきプレイでジャズ・ドラム奏法の礎を築いた巨星が、“パパ”の愛称で知られるジョー・ジョーンズだ。当アルバム『ジョー・ジョーンズ・セクステット』は、かつてエヴェレストから『バンプ・ティル・ユー・レディ』というタイトルで発売されていたアルバムの新装版で、60年4月19日に録音されている。演目は全12曲。すべてが2-3分台にまとめられている。こんにちの視点では、簡潔すぎるように感じられるかもしれない。だがジョーンズやエディソンはLPレコードが発明される前から十分なキャリアを積んでいた人物だけに、決められた枠の中で過不足なく言い切るのはお手のものだ。決して時代を揺るがすような問題作ではないけれど、こうしたサウンドに体を揺らしてニンマリできるリスナーこそ真のジャズ好きではなかろうか。解説:原田和典

■Jo Jones(ds),
Harry Sweets Edison(tp)
Bennie Green(tb)
Jimmy Forrest(ts)
Tommy Flanagan(p)
Tommy Potter(b)

Recorded in New York City, April 19, 1960. Original recordings made by Everest Records.

1. Vamp 'Til Ready
2. You're Getting To Be A Habit With Me
3. Should I
4. Sandy's Body
5. Thou Swell
6. Show Time
7. Liza
8. But Not For Me
9. Royal Garden Blues
10. Mozelle's Alley
11. Sox Trot
12. In The Forrest
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。