『ジャズ界の生ける神話』『最後の野獣系ハードバッパー』、スティーヴ・グロスマンがもっともケモノじみていた70年代。この超人的テナー・サックス奏者がストーン・アライアンスの面々と繰り広げたハードコア・スピリチュアル・フュージョンの傑作がいまふたたび。 

 

●STEVE GROSSMAN / SOME SHAPES TO COME  / SHOUT! / JPN / CD / 2,310円+税


■テナーの猛者、スティーヴ・グロスマンが残した伝説的名演
エルヴィン・ジョーンズの伝説的ライヴ盤『Live At The Lighthouse』でこの男の暴力的なテナーにぶちのめされた人は多いでしょう。規格外のサックスの“鳴り”と鬼気迫るテンションで吹き倒される洪水のようなコルトレーン・フレーズ。1969年、わずか18歳でウェイン・ショーターの後任としてマイルス・デイヴィス・グループ入り。『Jack Johnson』『Live-Evil』といったアルバムに参加。71年からはエルヴィンのもとデイヴ・リーヴマンとのツイン・サックスで存在感を示す。以降はエルヴィン・バンドでの同僚ジーン・パーラ(b)とドン・アライアス(perc)との裏RTF的ユニット、ストーン・アライアンスで70年代を駆け抜けたスティーヴ・グロスマン。間違いなくその絶頂期であった70年代のリーダー作2枚を紙ジャケ/リマスターでお届けします。


■1973年録音の初リーダー作『Some Shapes To Come』
のちにストーン・アライアンスを結成するパーラ、アライアスに加え、当時マハヴィシュヌ・オーケストラに参加していたヤン・ハマー(key)とのカルテット編成。モーダル/スピリチュアルなアトモスフィアにぶつけられるラテン/ファンクのビート。フリーキーな展開も辞さないアグレッシヴな先鋭性。ブレイク・ビーツ・クラシックとしても知られるジャズ・ファンク「Zulu Stomp」、疾走のモーダル・ジャズ「Pressure Point」、グロスマンの咆哮が阿鼻叫喚のスリルを呼ぶスピリチュアル・ファンク「The Sixth Sense」など、若さと狂気をはらんだ入魂の一枚。

■初回限定生産 
■オリジナル・ジャケットを忠実に再現したA式紙ジャケット仕様
■リマスタリング盤 
■解説付


Steve Grossman: Tenor and Soprano Saxophone
Jan Hammer: Electric Piano and Moog Synthesizer
Gene Perla; Electric and Acoustic Bass
Don Alias: Drums、 Congas、 Bongos、 Bell


Produced by Gene Perla
Originally released from P.M. Records as PMR-002、 1974


監修・解説:尾川雄介



●STEVE GROSSMAN / TERRA FIRMA  / SHOUT! / JPN / CD / 2,310円+税


■テナーの猛者、スティーヴ・グロスマンが残した伝説的名演
エルヴィン・ジョーンズの伝説的ライヴ盤『Live At The Lighthouse』でこの男の暴力的なテナーにぶちのめされた人は多いでしょう。規格外のサックスの“鳴り”と鬼気迫るテンションで吹き倒される洪水のようなコルトレーン・フレーズ。1969年、わずか18歳でウェイン・ショーターの後任としてマイルス・デイヴィス・グループ入り。『Jack Johnson』『Live-Evil』といったアルバムに参加。71年からはエルヴィンのもとデイヴ・リーヴマンとのツイン・サックスで存在感を示す。以降はエルヴィン・バンドでの同僚ジーン・パーラ(b)とドン・アライアス(perc)との裏RTF的ユニット、ストーン・アライアンスで70年代を駆け抜けたスティーヴ・グロスマン。間違いなくその絶頂期であった70年代のリーダー作2枚を紙ジャケ/リマスターでお届けします。


■1977年発表の3作目『Terra Firma』
イタリアHoro盤をはさんで75、76年に制作されたサード。1stと同じメンツながら、よりラテン/ファンクとのクロスオーヴァー度が増した印象。強烈なアフロ・ブラジリアンのリズムにのって吹きまくる「Katonah」はのちに何度も再演されるグロスマン・クラシック。超高速のエレクトリック・ビバップ「37 Willoughby Place」、多重録音を駆使したモーダル・ファンク「Enya」、バウンシーでファンキィなフュージョン・ファンク「Inmate Man」、怒濤の吹きっぷりを見せる「This Way Out」ほか、超絶的ビートでグロスマンに対峙するリズム隊もキレてます。


■初回限定生産 
■オリジナル・ジャケットを忠実に再現したA式紙ジャケット仕様
■リマスタリング盤 
■解説付


Steve Grossman: Tenor Saxophone
Jan Hammer: Electric Piano、 Moog Synthesizer、 Moog solo on track 6
Gene Perla: Electric Bass、 Keyboards on track 6
Don Alias: Percussion、 Guitar on track 6


Produced by Gene Perla
Originally released from P.M. Records as PMR-012、 1977


監修:尾川雄介
解説:原田和典


●ストーンアライアンス / ストーン・アライアンス  / SHOUT! / JPN / CD / 2,310円+税

 

●今こそ再評価されるべき先鋭性、特異性、超絶的演奏力
まさに裏ウェザー・リポート、裏リターン・トゥ・フォーエヴァーとでもいうべきハードコアな音楽性で70年代を疾走した伝説的グループ、ストーン・アライアンス。洪水のように溢れるビートとラテン・パーカション、それをなぎたおすように猛進するテナー・サックス、緊密な3者のインタープレイ。野獣スティーヴ・グロスマンの絶頂期の凄絶なプレイがたっぷり味わえるとともに、パーカッション・マエストロ、ドン・アライアスの超絶ドラミングとヴァーサタイルなベーシスト、ジーン・パーラの技巧が詰まった傑作です。


●怒濤のビートとコルトレーン・フレーズに蹂躙される6曲
冒頭「Vaya Mulatto」から圧巻。アフロ・パーカッションの乱打からモーダルなラテン・グルーヴ、そして超アッパーなファンク・ビートへと息をつかせぬ波状攻撃。血管はキレる寸前です。ヘヴィーなスロウ・ファンク「King Tut」に続くはグロスマンの怒濤のコルトレーン・フレーズに蹂躙される高速4ビート「Duet」。後半はレア・グルーヴ・クラシックであるジャズ・ファンク「Sweetie-Pie」よりもむしろ高速スピリチュアル・サンバ「Samba de Negro」に圧倒されるでしょう。スティーヴィーのカヴァー「Creepin’」も収録。


Steve Grossman: Tenor Sax
Gene Perla: Electric Bass, Piano
Don Alias: Drums, Congas, Bongos, Bell


Produced by Gene Perla
Recorded at Red Gate Studio, Kent, New York, June 1975 and June 1976
Engineered by Jan Hammer and Gene Perla
Originally released from P.M. Records as PMR-013 LP, 1976


■『Rare Groove A to Z』掲載盤
■初回限定生産
■オリジナル・ジャケットを忠実に再現したA式紙ジャケット仕様
■リマスタリング盤
■解説付
監修・解説:尾川雄介



●ウェルドン・アーヴィン / アンド・ザ・キャッツ (国内盤 帯 解説付 紙ジャケット仕様) / SHOUT! / JPN / CD / 2,310円+税


■トラック01~08:『Weldon And The Kats』
ウェルドンの自主レーベルNodlewの3番目のリリースとして1989年にリリースされた未発表作品集。80年代にレコーディングされたセッション音源を中心に、スティーヴ・グロスマン(ts)含む68年の最初期録音「Mr. P.C.」も収録。『Sinbad』収録の名曲「Music Is The Key」を女性ヴォーカルをフィーチャーした美しいメロウ・ソウルに再構築したナンバーを筆頭に、ウェルドンのヴィヴィッドなピアノを中心としたアコースティックなクロスオーヴァー・ジャズが満載です。マーカス・ミラー(el-b)、トム・ブラウン(tp)らが参加。


■トラック09~18:『The Sisters』
1979年のセッション音源をまとめたこのアルバムはウェルドンがプロデュース補を担当したドン・ブラックマンのデビュー作(82年)のリハーサル・セッションが中心となったもので、ドン・ブラックマン(vo)、マーカス・ミラー(el-b)、トニ・スミス(vo)などが参加。Jay-Zのサンプリングで知られるウェルドンらしいメロウ・ナンバー「Morning Sunrise」から「The Sisters」のようなブギー・ファンク、「Blue In Green」のようなコズミック・フュージョンまで収録。ラストの「Think I'll Stay A While」はポジティヴなパワー溢れる名曲です。
※収録時間の関係上オリジナル・アルバム収録の「Sexy Eyes」は入っておりません。


【ディスクユニオン限定T-SHIRTS付きセット】
【特集ページはこちら】
http://diskunion.net/black/ct/news/article/4/32846


1. Music Is The Key
2. Cordero
3. Leaves
4. Kundabuffer
5. Mr. P.C.
6. Have You Met Miss Jones?
7. We Can Try Again
8. Blues For Spike
9. The Sisters
10. Nursery Rhyme Song
11. Think I'll Stay A While
12. Misty Dawn
13. Morning Sunrise
14. Shopping
15. It's Funky
16. Egypt
17. Heard It All Before
18. Blue In Green
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。