●STAN GETZ / ENGLAND 1958 - CHICAGO 1957 / SOLAR / ESP / CD / SOLAR4569952 / XATW-00132688 / 2,000円+税


『スタン・ゲッツ&J.J.ジョンソン・アット・ジ・オペラ・ハウス』録音翌日に同じ場所で行われた演奏を含むゲッツ、57年58 年の貴重な音源がCD化!

1950年代後半、スタン・ゲッツはしばしばノーマン・グランツが主宰するJ.A.T.P.に加わってさまざまなセッティングで演奏していました。今回CD化されたのは、1957年と58年のJ. A.T. P. 公演からの演奏で、前半の6曲は、マンチェスターのフリー・トレイド・ホールで1958年5月17日に行われたJ.A.T.P.コンサートでのパフォーマンス。こちらは、同じ時のコールマン・ホーキンスのステージとのカップリングでJazz GrooveというレーベルからLPとして最初にリリースされ、後にゲッツの演奏のみイタリアのMoon から60 年、61年のライヴ演奏と共にCD で出ていますが、今回は57 年のJ.A.T.P.公演とのカップリングによるCD 化で、内容的にも一貫性があってゲッツのファンにはとても嬉しいリリースと言えます。後半の5 曲は、1957 年10 月20 日にシカゴのオペラ・ハウスで開催されたJ.A.T.P. 公演から収録されたもので、あの有名なVerve 盤『スタン・ゲッツ& J.J. ジョンソン・アット・ジ・オペラ・ハウス』(モノラル録音)の翌日に同じ場所で行われた演奏ということになります。こちらはグランツが録音してVerve から『J.A.T.P. All Stars At The Opera House』としてリリースする予定(MGV8284 という企画番号まで決まっていました)でしたが、結局発売されず、後にHall Of Fame というレーベルから『The Ti tans』(JG630)というタイトルでリリースされました。CD では今回が初登場。ディジー・ガレスピー、ソニー・スティット、ジョン・ルイスとスタン・ゲッツ、という顔ぶれはVerve の名盤『フォー・ミュージシャンズ・オンリー』と同じで、ここに収められた5 曲も、あの名盤を髣髴とさせる素晴らしい演奏の連続となっています。(新譜案内より)

■On 1-6: STAN GETZ(ts), ; LOU LEVY(p), HERB ELLIS(g), RAY BROWN(b), GUS JOHNSON(ds)
Live in England, May 1958.
On 7-11: STAN GETZ(ts), ; DIZZY GILLESPIE(tp), SONNY STITT(as), JOHN LEWIS(p), PERCY HEATH(b), CONNIE KAY(ds)
Live at the Chicago Opera House, Chicago, October 20, 1957.

1. LOVE WALKED IN 
2. WE’LL BE TOGETHER AGAIN
3. TAPS MILLER
4. THAT OLD FEELING 
5. IT NEVER ENTERED MY MIND 
6. ALL GOD’S CHILDREN GOT RHYTHM
7. NOW’S THE TIME 
8. AUTUMN IN NEW YORK [Stitt feature] 
9. WEE
10. ‘ROUND MIDNIGHT [Gillespie feature] 
11. DEAR OLD STOCKHOLM [Getz feature] 
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。