●MELISSA ALDANA / MELISSA ALDANA & CLASH TRIO / CONCORD JAZZ / US / CD / CJA35281 / 1006244604 / 2,200円+税


24歳のチリ出身、2013年セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・コンペティションの優勝者に輝いた女性テナー・サックス奏者Melissa AldanaのCONCORDデビュー・アルバム。同じくチリ出身のベーシスト、Pablo Menaresとキューバ人ドラマーFrancisco Melaとのトリオ作品。


Harry Warrenの“You’re My Everything”、Thelonious Monkの “Ask Me Now.”2曲以外は全てトリオのメンバーによるオリジナル。 チリのサンチアゴ出身。サックス・プレーヤーの父から6歳の頃よりサックスを教わる。最初手にしたのはアルト・サックスで父親が大好きだったCharlie Parker, Cannonball Adderley, Michael Breckerなどのソロも吹けるようなった頃、初めて耳にしたSonny Rollinsに衝撃を受け、父親Marcosは同じくサックス奏者だった祖父Enrique Aldanaから譲り受けたテナー・サックスをMelissaに譲渡。そこから彼女はテナーに転向。16歳でチリのジャズ・コミュニティーの中心地、Club de Jazz de Santiagoでヘッドライナーを務めるほどに。パナマ人ピアニストDanilo PerezがWayne Shorter Quartetでチリに公演したとき、父親MarcosがDaniloの奥さんに音楽を教えていた縁もあってDaniloに自己紹介をし、その後Berkleeの試験を受けるよう奨励される。「私はサックスの演奏を習うためにバークリーに通ったのではないの。サックスの吹き方は父親に教えてもらったわ。ミュージシャンとして成長するために、若いミュージシャンと交流し、ヴェテランの先生方に様々なことを教えてもらうために通ったのよ。」バークリー卒業後はN.Y.に拠点を変え、George Colemanに師事、2010年に『Free Fall』、2012年に『Second Cycle』をリリース、そして昨年 セロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・コンペティションで女性初、さらに南米出身初のウィナーに輝き、本作でコンコード・デビューを果たす。(新譜案内より)

1. M&M 
2. Turning 
3. You’re My Everything 
4. Bring Him Home 
5. Tirapié 
6. Peace, Love & Music 
7. Perdón 
8. New Points 
9. Dear Joe 
10. Ask Me Now  
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。