●MIGHTY MIGHTY / SEE THE LIGHT / SCHEMA / SCCD461 / CD / 2,300円+税
ティモ・ラッシーを始め、Ricky Tick レーベル無き後、フィンランド・ジャズを積極的にリリースする、イタリアの名門SCHEMA より、満を持してデビューする、Mighty Mighty は、ピアノ、キーボード、作曲を手掛けるリーダー、Kari Setl によって、2009 年頃より、活動を開始したグループ。60年代ハードバップから、70年代のジャズファンク、コスミック・フュージョン的なサウンドまで、幅広いサウンドを、洗練されたアンサンブルで聴かせてくれる、つわもの揃いのバンド。カヴァーは2 曲。M8 は、スティーヴィー・ワンダーの名曲。3 ホーンとキーボードによる、スリリングなインストジャズ・チューンに。M6は、フロリダ出身のピアニスト、作曲家、Ron Millerによる、オリジナルではラテン・タッチの作品(1969)を、ハービー・ハンコックの「バタフライ」風のジャズ・ファンクで仕上げている。ファイヴ・コーナーズ・クィンテッドやハイ・ファイヴを彷彿とさせる、現代的なハードバップ・チューンM1,2は、バンドの代表曲とも言える、オリジナル・ナンバー。モーダル・ピースM4 は、バンド結成以前、2007 年に書かれたナンバーで、フィンランドの冬をイメージしたという。詩的で幻想的ながら、白熱する大作。M5 は、ジョン・ヘンダーソンの70 年代の楽曲「Gazelle」からインスパイアされたという、ジャズファンク。元々はバラード曲だったと言うM7 は、ダンサブルなサンバ・チューンに変貌を遂げている。ニコラ・コンテ、マリオ・ビオンディらを世に知らしめた、SCHEMA レーベルからの強力リリース!フィンランドらしいソフィスティケイトされたサウンドは、店頭でも、最高にキャッチーに響いてくれることでしょう!


Kari Setälä – piano and keyboards(b. 1979,Finland) 
Jorma Kalevi Louhivuori – trumpet and flugelhorn(b. 1984,Finland) 
Jussi Kannaste – tenor saxophone (b. 1976,Finland) 
Jori Huhtala – bass (except “Simba”) (b.1984,Finland) 
Jussi Lehtonen – drums (b.1977,Finland) 
bdissa Assefa – percussion (except “Dark Sun”) (b.1973,Ethiopia) 
Heikki Tuhkanen – trombone (“Too High”)


1. Backyard Boogie 5.16
2. See The Light 5.40
3. Once Again 4.59
4. Dark Sun 7.33
5. Simba 6.00
6. Seventh Sign 8.38
7. Karma 5.42
8. Too High 4.27
9. Time's Up 7.22
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。