●ミュリエル・ウィンストン / ア・フレッシュ・ヴューポイント / SHOUT! / JPN / CD / 2,200円+税




Deep Jazz Reality
スピリチュアル・ジャズの最高峰Strata-East。その山肌に咲く一輪の花。まわりを囲む子供たちの歌声。平和と幸福な笑顔。その瞬間を切りとった素晴らしい作品がついに復刻されます。あまりにも可憐で、あたたかなヴァイブに満ちたヴォーカル・ジャズ作品。いつまでも手元に置いておきたい宝石のような一枚です。

■ついにこの作品の復刻がかないました。Strata-Eastのアルバムですが、美しいジャケットが示すとおり、アフロやモーダル、ファンクや前衛とは別の魅力を持った名盤です。主役はヴォーカルとピアノのミュリエル・ウィンストン。録音時はすでに母であった黒人女性アーティストによる唯一の作品です。彼女の女性的な力強さや繊細さ、美的センス、人類と世界への祈り、といったものがストレートに表現されています。子供たちと家族へのこぼれんばかりの愛情も。

■アレンジと音楽的サポートを担当したのがビル・リー。スパイク・リーの実父としても有名な、シーンを代表するベーシストです。バッキングにはStrata-Eastの主幹であるスタンリー・カウエル(p)に名手ビリー・ヒギンズ(ds)。クリフォード・ジョーダンが珍しくフルートで参加しているのも聴き所です。でも主役は何といってもミュリエルでしょう。素朴ながら気持ちのこもった歌唱はあたたかな情感が溢れだすようです。ゴスペルやルーツに根差した力強さも。何曲かで加わる子供たちのコーラスがまた可愛らしくあたたかい。これ以上多幸感に満ちたジャズがほかにあるでしょうか。

■華飾を排した演奏は質素でシンプルです。子供たちのコーラスとともにトラッドからスウィング・ジャズへと移る冒頭の「Children’s Trilogy」はアルバムを代表するナンバー。「Sing Chillun Sing」もユーモラスなチャイルド・ソング。「A Song To Everyone In The World」はファンキィなソウル曲です。アルバムB面はすべてタッド・ダメロンのビバップ名曲のヴォーカライズ。名バラッド「Soul Trane」もいいですが、ボサノヴァ・タッチにアレンジされた「I’m Never Happy Anymore」が白眉です。後半のラララ・コーラスの楽しさと躍動感といったら!

■世界初CD化
■『Independent Black Jazz Of America』掲載商品
■初回限定生産
■オリジナル・ジャケットを再現したA式紙ジャケットW仕様
■監修・解説:尾川雄介(universounds)

Personnel:
Muriel Winston: Vocal, Piano
Stanley Cowell: Piano
Bill Lee: Bass
Billy Higgins: Drums and Percussion
Clifford Jordan: Flute
And Children’s Chorus

Produced by Muriel Winston Gilliam
Musical direction: Muriel Winston
Assisting in the musical direction: Bill Lee
All songs adapted and arranged by Bill Lee, except track 05, 06 by Muriel Winston
Recorded in NY, Oct. 21 and 31, 1974
Originally released from Strata East Records SES-7411, 1975
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。