●BRUCE BARTH / DAYBREAK / SAVANT / CD / 2,000円+税

ベテランの域に達したブルース・バースSavant第二弾
1958 年生まれ、80年代後半からEnja, Max Jazz, またDouble Timeといった時代をリードする才
能をフィーチャーするレーベルで作品をリリースしてきたブルース・バースの、Savantでの第二弾。もともと、ジャッキー・バイアード、ジョージ・ラッセルといったジャズ界のイノヴェイターに師事し、そ
のビッグバンドにも参加。一方、歌判の名手として知られるノーマン・シモンズのプライベート・レッスンを受けたという経歴をもち、伝統と革新がブレンドした力強さがバースの魅力。本作は、ベースに今を時めくヴィセンテ・アーチャー、ドラムにロイ・ハーグローヴ・ビッグ・バンドでも活躍するモンテス・コールマンという強力なリズム・セクションを迎えた作品に。M3 ではクインテット一丸になった勢い溢れる演奏を聴かせてくれます。しかし、そうした布陣としつつ、王道なジャズの基本に基づくのがバースの演奏。通低には、4 ビートを基本としたブルージーな音が、流れます。古き良きトラッド的なものも彷彿とさせるテレル・スタッフォードのミュート・トランペットをフィーチャーした曲(M3) あり、4ビートの美学を感じさせる演奏M9 のようなナンバーあり、長年のバンド・メイト、スティーヴ・ネルソンのヴィブラフォンとデュオで美しい音を重ねるM8 のような演奏あり、ラストはベース/ドラムレスでヴァイブ、フリューゲル、ピアノのゆったり変則トリオ演奏。50代半ばを迎え渋くベテランの域に達したバースの美学が響く一枚です。(新譜案内より)
■Bruce Barth(p), Steve Nelson(vib), Terell Stafford(tp, flh), Vicente Archer(b), Montez Coleman(ds)
1. Triste 
2. Tuesday’s Blues 
3. Vámonos 
4. Moon Shadows 
5. Daybreak 
6. Brasilia
7. Then Three 
8. Somehow It’s True 
9. In the Still of the Night 
10. So Tender
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。