●BEN MONDER / HYDRA / SUNNYSIDE / SSC1357 / CD / 2,200円
MONDER.jpg
ベン・モンダー、3 年振りのSunnyside第3弾。前作では、レーベルの主役的サックス奏者Bill McHenry とのDuo 作品でしたが、今回は、再び長年の盟友である鬼才ヴォーカリスト、テオ・ブレックマンをフィーチャーし、かつてからのバンド・メンバー、スクリ・スヴェリソン、テッド・プアも参加。また今回は、ブレックマンの他にも、2 人のヴォーカリストを迎えてフィーチャーしています。基本的には、着実に、自らが構築してきた音楽の延長線上を行く作品と言っていいでしょう。浮遊系のコード、ヴォイシングに、ミステリアスで、緩急自在のアルペジオが加わるサウンドは、ベン・モンダーが従来から追究してきた妙味溢れるサウンド。しかし、本作では、グループとして、自由なソロ・スペースはキープしつつ、以前より構想を軸に音楽を展開しているような印象を持ちます。タイトル曲である2 曲目などは、かつてパット・メセニーがパット・メセニー・グループで目指したストーリー性を感じさせる演奏。スペイシーな音色とロック的なフレーズを交錯させつつ、ヴォーカルもフィーチャーして、広大な音空間を描き上げる展開には、今までにないモンダー・バンドの進化を感じます。一方では、複雑なリズムを交錯させる場面あり(M4は,7+11+7+11+3 →39Beat のサイクルで、タイトルが39)、東洋的なものを感じさせるサウンドあり。5 曲目のYugen とは、幽玄を意味するらしく、日本の美的感性からもインスパイアされているとのこと。そのサウンドは琴の音色も彷彿とさせるオープニングにも表れています。またM-6ではモンダーの重量級のソロが炸裂!NYのシーンで注目を集めてから早20年。未だミステリアスな才能ベン・モンダーの今が収録された一枚です。
 
Ben Monder(g, b-M4), Theo Bleckman(voice M-2, 3, 4, 6, 7, 8), John Patitucci(b), Skuli Sverrison(b), Ted Poor(ds), Gian Slater(voice), Martha Cluver(voice)
 
1. Elysium
2. Hydra
3. Aplysia
4. 39
5. Yugen
6. Tredecadrome
7. Postlude
8. Charlotte’s Song
 
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。