●SAM SANDERS / Mirror, Mirror / 180 PROOF  / CD / 2,300円
JZ130820-01.jpg
 
デトロイトの重鎮、Sam Sanders の完全未発表音源は最強のフュージョン・ソウル!
サックス奏者Sam Sandersの完全未発表作品(1980年録音)!スピリチュアル・ジャズのシーンで高く評価される1983年のアルバム『The Gift Of Love』で知られるミュージシャンだが、今回発掘された音源はなんと、ジャズ~フュージョン~ソウル~ファンクが高次元で融合した驚きの内容! ときにファンキーに、ときにメロウに、ときにスピリチュアルに。Oneness Of Jujuなどが好きなら悶絶すること間違いなし!
当地デトロイトではポスト・バップのシーンを支える名サックス奏者として高く評価されたSam Sanders。唯一残されたアルバム『The Gift Of Love』(1983 年)はブラックネス漂う音楽性でスピリチュアル・ジャズのシーンでも好まれてきた。しかし、今回発掘された1980 年録音の未発表音源は予想を大きく裏切り、かつ大きく上回るものだった。ほとんどの曲でヴォーカルをフィーチャーした、ジャズ~フュージョン~ソウル~ファンクが高次元で融合した音楽性は、Oneness Of Juju を思い起こさせる。スピリチュアル・フュージョン・ソウルとも呼びたい「Inner City Player」、男性ヴォーカルが歌う味わい深いワルツ「Loser」、ワウ・ギターがグルーヴ感を演出する「Funk’ed Up」、メロウでメランコリックな「Love’s Gain」、Sanders のサックスが心に沁みる美曲「Summer Mist」など、聴き所が満載。ジャズやレア・グルーヴはもちろん、ソウルやファンクのリスナーにもアピールするモダンな音楽性は、まさにミクスチュア・ミュージックの聖地、デトロイトが生んだ文化遺産である。(国内盤CDインフォより)
 
-Personnel-
Engineer and Producer: Don Was
Alto Sax: Sam Sanders
Baritone Sax: Beans Boles
Drummer:Jimmy Allen
Bassist: Ed Pickens
Keyboardist: John Katalenic
Guitarist: Wayne Wardlow
Vocals: Jamil (”Inner City Player”) Kenneth Harris (”Loser”)
 
1. Inner City Player [5:02]
2. Face At My Window [3:30]
3. Loser [2:28]
4. Funk’ ed Up [4:15]
5. Love’ s Gain [7:07]
6. Summer Mist [5:48]
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。