☆緊急告知☆

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
5/16(木) 19:00~
ナット・ヴァーチュ

(Nat Bartsch)
サイン会開催
in diskunion JazzTOKYO

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


2010年メルボルン音楽振興賞受賞の若手女性ピアニスト、
ナット・ヴァーチュ (Nat Bartsch)のサイン会が電撃決定!
大好評発売中の新譜『トゥ・セイル、トゥ・シング』
前作『スプリングス・フォー・オール・ザ・ウィンターズ』
ナット・ヴァーチュのCDをお持ちのお客様ならどなたでも参加頂けます!
是非、お越しください!

 ----------【Live Info】----------

ナット・ヴァーチュ・トリオ
来日公演


Natalie Bartsch :piano
Tom Lee :double bass
Daniel Farrugia :drums

5/17(金) 京都 RAG
5/18(土) 東京 新宿 Pit Inn
5/19(日) 新潟上越市 浄興寺

詳細はコチラでご確認ください
http://diskunion.net/jazz/ct/news/article/10/35920

--------------------

 


●ナット・バーチュ / トゥ・セイル、トゥ・シング / DISKUNION JAZZ / CD / 3,150円


 
 
2010年秋にトリオ第2弾にして初のフル・アルバム『スプリングス、フォー・オール・ザ・ウインターズ』をリリースしたナット・バーチュは、同作が日本でも解説付き国内盤仕様で登場したこともあって、ジャズ・ファンの関心を呼ぶきっかけとなった。母国オーストラリアのベテラン・シンガー&トランペッターで、昨年12月に初来日公演を成功させたヴィンス・ジョーンズが、国営ラジオで同作を2010年度のお気に入りに高評。その効果もあってか、ABC Jazzのラジオ番組でレギュラー放送されて、さらに母国での人気を高めた。同年にはヨーロッパ・ツアーを行い、ドイツの《ジャズ・トランスファー祭》でアブドゥーラ・イブラヒム“エカヤ”の前座を務める栄誉に浴している。今回2年半ぶりに届けられた『トゥ・セイル、トゥ・シング』は、ファン待望の新作だ。
 
【MEMBER】
Nat Bartsch (piano)
Tom Lee (bass)
Daniel Farrugia (drums)
 
1. All There Is  
2. To Sail, To Sing  
3. Let’s Go Little Dude  
4. Missing Pieces (feat. Gian Slater)  
5. Reward if Found  
6. Motion Picture Soundtrack  
7. Save Me  
8. Lullaby in Oslo (feat. Kieran Hensey)  
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。