●RAFAL SARNECKI ラファウ・サルネツキ / SONGS FROM A NEW PLACE / チェシチ!レコーズ / JPN / CD / CZESC003 / 2,520円
RAFAL.jpg
Jazz Forumの「デビュー・アルバム・オブ・ザ・イヤー」に輝いた、天才ギタリストの傑作ファーストアルバム!
 
2008年、ポーランドのグラミー「Fryderyk」のジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤーにノミネートされ、同国のトップジャズ雑誌Jazz Forumの「デビュー・アルバム・オブ・ザ・イヤー」に輝いた、天才ギタリストの傑作ファーストアルバム本邦初公開!
 
現在はニューヨークを活動拠点とし、Fresh Sound New Talentからリリースしたセカンドアルバム『The Madman Rambles Again』のプログレッシヴなアレンジで耳の肥えた音楽リスナーを唸らせた若手ギタリスト、ラファウ・サルネツキが、超絶的鬼才パヴェウ・カチュマルチク(ACTからのリーダー作あり)をピアノに、ヴォイチェフ・プルツィン&ウカシュ・ジタというポーランドではおなじみのファーストコールコンビをリズムセクションに迎え(7のみフルートがゲスト参加)満を持してリリースした充実のデビューアルバムです。
 
録音はチェシチ!の前作『アイ・リメンバー/ミハウ・ヴルブレフスキ・トリオ』と同じ、若き巨匠ヤン・スモチンスキ。映画で言うところの「パン・フォーカス」手法を用いたような、全てのパートが鮮やかに焙り出された驚愕のスタジオワークも聴きもの。特に彼独特の、ウッドベースの弦が指板に当たる音に焦点を当てた録音スタイルは今回も盛んにフィーチュアされており、パーカッションのような効果すら感じます。ポップでダンサブルなコンポジション、プログレッシヴな変拍子の上でハイセンスに舞うアンサンブル、ラファウの天才的なアレンジワーク、ポーランドのトップエンジニアによるハイレヴェルな録音などなど、あらゆる角度からグイグイとリスナーに迫ってくる作品となっています。
 
Rafal Sarnecki(g)
Pawel Kaczmarczyk(pf)
Wojciech Pulcyn(b)
Lukasz Zyta(ds) 
Thomas Abbott(fl on 7)
 
1. Living Like Weasels (6:38)
2. Song From A New Place (6:59)
3. Auguries Of Innocence (6:11)
4. If I Speak With The Tongues Of Men And Of Angels (6:14)
5. Jazz Physics (8:35)
6. On Green Dolphin Street (8:06)
7. Rockalypso (6:35)
8. Instructions From The Mathplanet (8:10)
9. Squirrel (Forest Fire) (8:15)
03-3294-2648
通販・買取のお問い合わせはJazzTOKYOまで。
ディスクユニオンJazzTOKYO
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45
ニュー駿河台ビル2F
地図はこちら

tel : 03-3294-2648
買取専用tel : 0120-620-567
(携帯からは03-3294-2648)
mail: do12@diskunion.co.jp
営業時間: 11:00~21:00(日曜・祝日は11:00~20:00 年中無休)
ブログ掲載品についてのご注意
ブログ掲載品につきましては、その後在庫切れとなっている場合もございます。 可能な限り再発注を試み入手に努めますが、入荷しない場合もありますので ご注文の際には予めご了承お願い申し上げます。